スタッフブログ


WatanabeTakayuki

お気に入りシリーズvol.3

2017年 01月 19日 (木)

建築設計にはかかせない物差し。

一般的には三角スケール。略して「サンスケ」

これは三つの面の両側に計6種類の縮尺(1/100~1/600)の異なる目盛りが刻まれており、

 必要な縮尺に合わせて使用面を選び、寸法を測って図面を描いたり、描かれた図面から寸法を読み取るための道具です。

ここまではフツーなのですが、

 

私が昔から手離せないのがコチラ。

よくみると70.7% 86.6%と。

例えば、A2版の図面をA3版にして印刷すると70.7%になります。

そんなときフツーの「サンスケ」では全くあわないので、これを使えばメモリの間隔も70.7%になっており、読み取ることもできるのです。

かれこれ20年以上使っているかも。