スタッフブログ


k-mami

【紫微鸞駕】

2017年 11月 17日 (金)

 

こんにちは。

名護スタッフの神山です。

 

紫微鸞駕って、みなさんご存じですか?

ちなみに「しびらんか」と読みます!

 

紫微鸞駕とは、色々と諸説があり難しいのですが、

沖縄に伝わる古くからの風習で、家を守ってもらうためのお守りです。

木造の建物の棟木(1番てっぺんの梁)に、紫微鸞駕という言葉と

米・塩・昆布を下げて、家に悪霊などが寄り付かないようにという魔よけだそうです。

 

 

紫微鸞駕 

 

つい先月、プライベートですが、石垣島へ行ってきまして、

縦に書かれてある「紫微鸞駕」を発見しました!

普通にあるのかもしれませんが、私自身は初めてだったので、思わず写真に納めてました。

もともとは束か柱に書いてたのかな…。

 

 

紫微鸞駕 

 

沖縄はコンクリートの家が増えて、紫微鸞駕を下げることがないので、

見ることが少なくなってきていますが、木造の古民家などでたまに、

上を見上げると見かけることがあります。

たまには沖縄の昔ながらの風習を感じるのもいいものです!

 

ちなみにこちらのお店のコーヒーぜんざい。

ものすごく、美味しい^^

 

コーヒーぜんざい

 

明仁さんと信三郎さんから、2日連チャンで行ったと言っていたオススメ処。

2日行く気持ちがわかる、めっちゃ旨なぜんざいでした。

石垣島に行かれる際は「ゆぅくぬみ~」というお店のコーヒーぜんざい

食べに行ってみてください♪そして、「紫微鸞駕」も♪