スタッフブログ


k-mami

【ほんのはなし】

2018年 04月 14日 (土)

 

こんにちは!

名護スタッフの神山です!

 

本のはなしと言っても、「絵本」です。

 

私は小説よりも、絵本や雑誌のような目で楽しむ本が好きで

よく読んでます。

ここに入社した当初、友達からも絵本をもらい

最近、久々に読み返しました。

 

「どんぐりむらのだいくさん」

 どんぐりむらのだいくさん

 どんぐりだいくさんは木の中を彫りぬいて、お家を造る凄腕さんです。

これを読んで、大工さんになろうと思う子もいるんだろうな~と思ったり♪

 

 で、ここ半年前に、妹にあげた絵本がかなり、私の中でツボで

紹介したいと思います。

 なつみはなんにでもなれる

ヨシタケ シンスケさんの本

大人が読んでも、思わず笑ってしまいます。

内容はくだらないんですが、どうなるんだろうと想像をかきたたせる絵本で、

結構ハマってしまいます。

他にもいろいろシリーズはありますので

見つけた際は手に取ってみてください。

最後まで、絶対に読んでしまいますよ。

  

最近は「えがないえほん」という擬音しか書かれていない本があるらしく、

読み聞かせなどで、感情入れて読むと子供に爆笑される絵本だそうです。

目で楽しむと言っていて、矛盾してますが

子供の心をわしづかみできるアイテムならと気になり始めています。

 

 えがないえほん

 

ちょっと、気になりますよね?