沖縄の注文住宅ならファミリーボックス(一級建築士事務所)

Blog

ユートピアで猫ファミリー救出のその後 続編

2019/11/29

ユートピアで猫ファミリー救出のその後 続編

みなさま こんにちは!

名護オフィスのニシエです。

お待たせいたしました! ユートピアで救助&保護しました猫家族のその後 続編でございます。

WEBでNPO法人動物たちを守る会ケルビムさんが毎週日曜日場所を変えながら一般の方も参加可能な譲渡会を行っていることを知り、問い合わせると条件は「動物病院等で入手可能なノミ駆除をしていること」で、急いで動物病院へ駆け込み駆除薬レボリューションを購入。

 

9/15(日)

この日は豊見城市にあるJA「道の駅豊崎」が会場で、開始1時間前に到着。

まだ人も集まっておらず、先にJAの店内を物色して、隣のそば屋で軽くお腹を満たしました。

その間に猫が入ったキャリーケースを持った人たちやケルビムの方々も到着して会場の準備が始まりました。

こういうのは初めての参加なのでドキドキです。

引き取り手も見つかるのか不安でしたが、仔猫たちのゲージのまわりにはすぐに人だかりができました。

その中から一人の女性が「白い子を引き取りたい」と申し出てくれました。

最初から白い仔猫を探しに会場にいらしたそう。

譲渡会参加手続きもしないうちから1匹目の里親さんが決まりうれしいやら思ったより急でさみしいやら。

ゲージもすでに購入して準備万端のAさんはとっても優しそうな方でした。

 

兄妹で一番大きいけど一番臆病な子で、新しいお家に馴染んでくれるか少し心配でした。

 

初参加の譲渡会場は結構人も多く、他の譲渡者さんの猫たちも2匹一緒にもらわれていく子もいましたが、白猫ちゃんが去った後に残された2匹は今回里親さんは見つかりませんでした。

 

その後、また次の日曜、次の日曜と譲渡会に参加することとなります。そのへんはまた次のブログでお伝えします。

 

心配していた白猫ちゃん

後日届いた写真がこちら

ちょっと大きくなって、かなりまったりくつろいでます。

やんちゃになってました。心配不要。ねこの本領発揮です!

Aさんは猫を飼うのは初めてで不安と最初おっしゃってましたが、

今では「犬派だったけど、マロに癒されてる」だそう。

名前はマシュマロ改めマロになったそうな。

 

更に譲渡から2か月後、もう1匹のハチワレちゃんを迎え・・・

マロちゃんとハナちゃん。マロは幼さが消えてしっかりした顔立ちに。

ハナちゃんに慣れるのにちょっと苦労したようですが、今は仲良し。

いいお家に貰われてくれてよかったです。

 

貫禄の三毛猫ママはこの時点では譲渡会に参加しておらず、家でゴロゴロ。

 

 

最後に我が家の二女(猫)をご紹介

怒ると一番怖いけど、一番温厚なムゥです♪

女の子♪

 

それでは、また次回!

 

 

CONTACT

0120-53-6944

営業時間 9:00〜18:00/休日 日曜、祝祭日、年末年始

0120-53-6944

タップで電話がかけられます

営業時間 9:00〜18:00
休日 日曜、祝祭日、年末年始

「株式会社ユートピア設計」
公式アプリ

施工写真などが豊富に閲覧いただるとともに、
イベント情報などの日程もいち早く知ることができます!

  • iOS版 App Store

    iOS版 App Store
  • Android版 Google Play ストア

    Android版 Google Play ストア

または

barcode barcode