マイホームを2世帯住宅に!間取りのポイントや種類を解説!

Blog

マイホームを2世帯住宅に!間取りのポイントや種類を解説!

2021/05/24

マイホームを2世帯住宅に!間取りのポイントや種類を解説!

親世帯と子世帯が一緒に暮らす2世帯住宅が、近年注目を集めています。

そんな中、「どのような間取りにしたら良いの?」「3世代での生活は初めてで不安」といった不安の声もあるようです。

そこで今回は、2世帯住宅を検討中の方に向けて、2世帯住宅の間取りの種類と特徴を紹介します。

□2世帯住宅の種類、メリット、デメリット

2世帯住宅の間取りには、「同居型」「共用型」「完全分離型」の3種類があります。

*同居型

同居型とは、親世帯と子世帯が共同生活をするタイプのものです。

寝室や書斎といったプライベートな部屋以外は、玄関やリビング、浴室などすべてを共有します。

ほとんどの設備を共有することになるので、建築費やメンテナンス費を抑えられるのが特徴です。

メリットとしては、各世帯のコミュニケーションが取りやすく、親世帯の体調の変化にも気付きやすいという点があります。

また、共用部分が多いため、各スペースを広くとることができます。

一方デメリットとしては、各世帯のプライバシーの確保が難しい点が挙げられます。

また、働く子世帯と老後生活の親世帯では、生活リズムが大きく異なる可能性があります。

その場合、生活する上でのルールを設けておかないとトラブルに繋がるかもしれません。

*共用型

共用型とは、玄関・キッチン・浴室など、家の一部分のみを共有するタイプのものです。

共有する設備と分ける設備があるので、同居型よりは間取りの自由度が高くなります。

メリットとしては、プライバシーと日々のコミュニケーション、両方を確保できるということです。

また、完全分離型と比較すると、建築費用は比較的抑えられるのもメリットといえるでしょう。

一方、同居型と同じく生活リズムのずれによりストレスが生じる可能性があります。

キッチンや浴室、トイレなどを共有している場合、日常生活で使う場所だからこそ共用部分の使い方などが気になるかもしれません。

*完全分離型

完全分離型とは、ひとつの建物を1階と2階に分けたり、左右に分けた2つの建物を廊下などで繋いだりしたタイプのものです。

どちらの場合も、すべての設備を完全に分離しているのが特徴です。

メリットとしては、各世帯のプライバシーが完全に確保されるということです。

完全に独立しているため、生活リズムのずれなども気にする必要がありません。

しかし、キッチンや浴室などすべての設備を2つずつ用意する必要があるため、建築費や光熱費が高くなります。

また、コミュニケーションが他のタイプよりは減少するため、親世帯の緊急時に気づけない可能性もあります。

□マイホームを2世帯住宅にするときのポイント

先程説明したように「同居型」「共用型」「完全分離型」にはそれぞれメリットとデメリットがあります。

どのタイプにするのかも含めて、各世帯で話し合いをすることが大切です。

その際には、以下のポイントを意識して話し合いを進めてみてはいかがでしょうか。

1つ目のポイントは、2世帯住宅購入前に購入資金の負担割合を決めておくことです。

特に設備を共有することになる「同居型」や「共用型」の場合、だれがいくら払うのかで後々もめる可能性があります。

同居生活が始まる前にもめてしまうと、生活し始めてからが気まずくなってしまいます。

そのようなことがないように、各世帯の資金負担額は事前に話し合いをしておきましょう。

2つ目のポイントは、共有スペースは思っているより広めに確保することです。

リビングやダイニングを共有スペースにする場合、核家族とは違い3世代がそこで生活を共にすることになります。

3世代が同時にスペースを使っていても、窮屈に感じないくらいの広さを確保しましょう。

また、リビングの収納スペースなども通常より広めを意識しておくと良いでしょう。

□まとめ

今回は、2世帯住宅の種類と特徴を紹介しました。

「同居型」「共有型」「完全分離型」それぞれにメリットとデメリットがあります。

ご紹介したポイントを押さえながら各世帯でしっかりと話し合いを行い、全員が心地よく生活できる間取りを見つけてください。

当社でも2世帯住宅のご相談を承っております。

不明点等ございましたら、いつでもお気軽にご相談ください。

CONTACT

0120-53-6944

営業時間 9:00〜18:00/休日 日曜、年末年始

0120-53-6944

タップで電話がかけられます

営業時間 9:00〜18:00
休日 日曜、年末年始

「株式会社ユートピア設計」
公式アプリ

施工写真などが豊富に閲覧いただるとともに、
イベント情報などの日程もいち早く知ることができます!

  • iOS版 App Store

    iOS版 App Store
  • Android版 Google Play ストア

    Android版 Google Play ストア

または

barcode barcode