名護: 0120-536-944 宜野湾: 098-988-9646 うるま: 098-989-1458

Blog

マイホームのメンテナンスについて解説します!

2021/06/01

マイホームのメンテナンスについて解説します!

「マイホームのメンテナンスについて知りたい」

「メンテナンスにはいくら費用が必要なのか知りたい」

このようにお考えの方は是非、今回の記事をご覧ください。

マイホームで安心安全の生活を続けるためには、定期的なメンテナンスが欠かせません。

そこで今回は、メンテナンスをする必要性の高い箇所や費用の相場について紹介します。

□メンテナンスをする必要性が高い箇所について

マイホームに長く住み続けるためには、メンテナンスが必要です。

では、具体的にどの箇所のメンテナンスが重要なのでしょうか。

ここからは、メンテナンスをする必要性が高い箇所について紹介します。

1つ目は、屋根・外壁です。

屋根・外壁は野外の設備なので、一年中雨や風などの影響を直接受けています。

特に沖縄では、台風が多い地域だからこそ塩害の被害をうけやすいです。

そのため劣化を起こしやすく、必要なメンテナンスを怠った場合は耐久性に違いが出てきます。

当社では、住宅の新築時にプレミアムシリコンを使っています。

この素材は、気温の変化に順応する能力に長けています。

汚れに強く長持ちするという特徴を兼ね備えているので、外壁などにはピッタリです。

2つ目は、設備関係です。

住宅の中でも特に水まわりは、定期的にリフォームや修繕が必要な箇所です。

使用頻度が高いため、使い続けているうちに劣化しやすいからです。

定期的なメンテナンスを行うことで、詰まりやひび割れから水漏れが発生するのを防止できます。

□メンテナンスにかかる費用の相場について

ここからは、メンテナンスにかかる費用の相場について紹介します。

結論から言うと、費用の相場は300万円から500万円程度です。

家を建ててから20年以上が経ち、大きなメンテナンスが必要なタイミングではこの位の費用が必要です。

もちろん住宅の規模や設備の劣化状況などによって費用は大きく変動しますが、1つの目安として覚えておくと良いでしょう。

メンテナンス費用の中でも、設備の交換にかかる費用の目安は以下になります。

・キッチン本体交換:約100万~300万円

・トイレ便器交換:約20万~40万円

・給排水器具交換:約5万~15万円

・給湯器交換約30万~70万円

住宅を建てる際には、初期費用を抑えるために外壁などに安価な素材を選ぶ方も多いです。

しかし、耐久性能に劣った素材であればたちまち劣化を起こし、メンテナンスが必要になります。

そうなれば、初期費用は抑えられてもメンテナンスのコストが膨らんでしまうので注意が必要です。

素材選びをする際には、耐用年数などにも目を向けるようにしましょう。

□まとめ

今回は、メンテナンスをする必要性の高い箇所や費用の相場について紹介しました。

メンテナンスにかかる費用は決して安価ではないので、計画的に資金を準備しておきましょう。

何かご不明な点などがございましたら、当社まで気軽にお問い合わせください。

CONTACT

0120-53-6944

営業時間 9:00〜18:00/休日 日曜、祝祭日、年末年始

0120-53-6944

タップで電話がかけられます

営業時間 9:00〜18:00
休日 日曜、祝祭日、年末年始

「株式会社ユートピア設計」
公式アプリ

施工写真などが豊富に閲覧いただるとともに、
イベント情報などの日程もいち早く知ることができます!

  • iOS版 App Store

    iOS版 App Store
  • Android版 Google Play ストア

    Android版 Google Play ストア

または

barcode barcode