新築のキッチンで失敗しないためには?具体的な失敗事例もご紹介!

Blog

新築のキッチンで失敗しないためには?具体的な失敗事例もご紹介!

2022/04/15

新築のキッチンで失敗しないためには?具体的な失敗事例もご紹介!

「キッチンではどのような失敗が多いのだろう」
「失敗しないためのコツが知りたい」
このように思っている方は多いでしょう。
そこで今回は、新築のキッチンでよくある失敗事例と失敗しないためのコツをご紹介します。

□キッチンの失敗事例をご紹介!

今回ご紹介するキッチンの失敗事例は以下の4つです。

・作業がしづらい
・戸や引き出しが開けづらい
・コンセントの位置が使いにくい
・収納をうまく活用できない

1つ目の失敗事例は、作業がしづらいことです。
多くの方はキッチンを一人分のスペースで作ってしまいがちです。
しかし、実際は家族と一緒に料理をすることも多いでしょう。
そんなときに一人分のスペースしか確保されていないと料理がしづらいという失敗に繋がってしまいます。

そのため、複数人での作業を考慮したキッチンづくりを心がけると良いでしょう。
とはいえ、広すぎても使い勝手が悪くなってしまいます。
当社が施工するキッチンの広さは4帖から5帖です。
これ以上広くしてしまうと使い勝手が悪くなってしまうのでこの広さをおすすめしています。

2つ目の失敗事例は、戸や引き出しが開けづらいことです。
キッチン内では冷蔵庫や電子レンジを開ける際にもストレスなく作業できるようにスペースを確保する必要があります。
そのため、戸や引き出しを開けたときのスペースを考慮したキッチンづくりをしましょう。
冷蔵庫や電子レンジ、炊飯器などは検討しているメーカーや大きさを当社の設計担当にお伝えください。
設計担当が家電の大きさに合わせたキッチンの広さをご提案します。

3つ目の失敗事例は、コンセントの位置が使いにくいことです。
コンセントを設置する位置と家電を使う位置がマッチしないと、コンセントが届かずに家電が使えない可能性があります。
そうでなくても使い勝手が悪くなってしまいますので、使うたびにストレスを感じてしまうでしょう。
コンセントの位置に関しましても、どこにどの家電を使いたいのか設計担当にお伝えください。

4つ目の失敗事例は、収納をうまく活用できないことです。
「キッチンの床下に収納を作ったけれど、取り出すのが面倒で使わなくなってしまった」
皆さんはこのようなが経験ありませんか。
これは事前にどのようなものを収納するのかを決めていないことが原因です。
あらかじめどこに何を収納するのか明確にしておきましょう。

□キッチンで失敗しないためのコツとは?

ここまでは、キッチンでよくある失敗事例をご紹介してきました。
では、どのようなことに気をつければキッチンでの失敗を避けられるのでしょうか。
今回ご紹介するポイントは「IHにするのかガスにするのか」「家事動線を意識する」「収納をどれだけ見せるのか」の3つです。
それぞれについて詳しく解説していきます。

1つ目は、IHにするのかガスにするのかです。
IHコンロとガスコンロにはそれぞれメリットとデメリットがあります。
これらをしっかりと理解したうえでお客様のニーズに合った方を選ぶと良いでしょう。

IHコンロのメリットは火を使わないため、安心して使用できる点です。
幼いお子様がいらっしゃるご家庭やご高齢の方が料理するご家庭におすすめです。
また、凹凸が少ないため、掃除しやすい点も非常に魅力的ですね。
一方で、ガスコンロのメリットは火力が強いため、料理しやすい点です。
安全センサーがついていれば火力が強くても比較的安心して料理していただけます。

また、どちらのタイプ関係なく、コンロの口数は確認しておきましょう。
なぜなら料理を同時進行するとなった際にコンロの口数が少ないとスムーズに料理を進められないからです。
いざ料理する際にストレスを感じないためにもあらかじめ確認しておくようにしましょう。

2つ目は家事動線を意識することです。
料理する際には料理に集中したい方、料理をしながら他の家事も進めたい方がいらっしゃるでしょう。
後者の方は特に家事動線を意識すると良いでしょう。
例えば、キッチンから水回りへの移動が楽だと料理をしている間に洗濯ができます。
もし普段からキッチンに立ちながら他の作業をしているのであれば、家事動線を考えてキッチンづくりしてみてはいかがでしょうか。

3つ目は収納をどれだけ見せるのかです。
近年大人気のアイランドキッチンですが、これが全ての方にマッチするかと言われればそうではありません。
キッチンに洗い物を置いておきたくないという方もいれば、開放感やおしゃれなインテリアを優先したいという方もいるからです。
どのタイプのキッチンを選ぶかによって収納がどれだけ見えるのか変わってきますので、慎重に選びましょう。

□まとめ

今回は、新築のキッチンでよくある失敗事例と失敗しないためのコツをご紹介しました。
どのようにすればキッチンづくりを成功させられるのかイメージできましたでしょうか。
見落としがちなポイントも多いですので、今回の記事を参考にしてくださいね。
また、新築をお考えの方はいつでも当社までご連絡ください。

CONTACT

0120-53-6944

営業時間 9:00〜18:00/休日 日曜、祝祭日、年末年始

0120-53-6944

タップで電話がかけられます

営業時間 9:00〜18:00
休日 日曜、祝祭日、年末年始

「株式会社ユートピア設計」
公式アプリ

施工写真などが豊富に閲覧いただるとともに、
イベント情報などの日程もいち早く知ることができます!

  • iOS版 App Store

    iOS版 App Store
  • Android版 Google Play ストア

    Android版 Google Play ストア

または

barcode barcode